メニュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィトックスαのペニス増大成分

ペニス増大法は主に「陰茎増大手術(長茎術)」「精力剤」「ペニス増大マッサージ・エクササイズ」「器具」の4種類で、中でも長茎術と精力剤が人気です。

この長茎術と精力剤でのペニス増大にはそれぞれどういった特徴があるか、そしてどういった違いがあるかを紹介します。

まず、長茎術とはメンズクリニックで受けることのできるペニス増大法で、ペニスを長くしたり太くするだけでなく、亀頭のみを大きくするといったことも可能です。

上野クリニックやABCクリニックなど有名なところでの長茎術は高い評価を得ており、手術を受ける人は後を絶ちません。

また、評判の高いところでの手術は失敗する危険性が低いだけでなく、手術を受けたその日に帰宅することが可能なだけでなく、入院も一切必要ないので即効でペニスサイズを大きくすることができます。

しかし、長茎術は往々にして費用が高く、最低でも10万円以上が相場です。

さらにペニスに傷跡がつくこともあれば、万が一失敗した時には再手術が必要なうえペニスが歪な形になってしまうこともままあります。

そのため、メリットこそ大きいもののデメリットも決して無視できるレベルではないというのが長茎術の特徴です。

精力剤のメリットとデメリット

次に精力剤によるペニス増大ですが、これは精力剤によってピンキリです。

ヴィトックスαのようなメジャーかつ評価の高いラブサプリでのサイズアップなら、個人差はアレ大体時間こそひと月以上かかるものの手術と同じように確実にペニスを大きくすることができます。

ヴィトックスαによる陰茎増大の優れているところは、手術と比べると圧倒的に低料金で済むことと失敗(=副作用)が起こる確率が低く、かつ起きたとしてもダメージが小さいということです。

そのため、ヴィトックスαによるペニス増大はメリットが大きいだけでなく、デメリットは抑えられているということです。 あえて手術に劣っていることを挙げるならば時間がかかるということだけです。

このように即効性とネームバリューを過信して手術を受けるのではなく、長期的なことを考えるならヴィトックスαによる陰茎増大の方が実利がるということです。

また、陰茎を組織する細胞の活性化も促します。